和釘・古建築金物製造 火造りのうちやま  

和釘の話  


和釘って何?

釘というと普通、軸が丸く頭の平らな物を思い浮かべますが、これは明治時代以降に輸入された、いわゆる洋釘です。
現在洋釘の需要が圧倒的ですが、神社仏閣・城郭・文化財等の古建築物の修理復元には無くてはならない物が和釘です。
和釘は用途により頭の形状は様々ですが、軸は概ね四角い断面をしています。(まれに丸い断面の物もあります。


写真A:頭の形状 左 洋釘 右 和釘(巻頭釘) 

  
写真B:先端の形状 上 和釘 下 洋釘


写真C:洋釘の軸の凹凸

洋釘は軸が丸く先端のみが四角になっており、頭の下にスジような凸凹がつけてあります。
この凸凹部分で木材に喰いついています。また木材に打ち込まれた後、ある程度時間が経過すると釘の表面に錆が出てきます。
この錆により喰いつきは良くなりますが、加熱・鍛練されていないため、次第に腐食が進み朽ちてしまいます。
一本一本手打ちで仕上げる和釘はの場合は、軸全体に微妙な凹凸が付き鉄を真っ赤に焼き鍛えることで和釘表面に酸化被膜が形成されます。
これにより木材に打ち込まれた後でも洋釘に比べ格段に腐食に強くなります。
また、同じ太さの洋釘に比べ、軸の四角い和釘は表面積が大きい事も喰いつきが良い理由の一つです。


和釘ってスゴイ!!

  

上の2枚の写真は、福島県喜多方市にある「願成寺」の解体修理が行われた際際に取り出された、約350年前の和釘(巻頭釘)です。
風雨にさらされていた和釘の頭部は一部欠損している物もありますが、350年前の物とは思えないほど、しっかりとした姿です。

2011年3月11日の東日本大震災時に倒壊は免れたものの損傷が大きく、また耐震補強工事の為に一部解体修理がなされました。
写真をご覧頂ければお分かりのように、釘が曲がっています。
和釘の場合、打込む際に下穴(ガイド穴)を開けてから打込むのですが、下穴の先に硬い節等がある場合、和釘は硬い節を避けるように自ら曲がって入っていきます。
これは、和釘の材料に炭素量の少ない柔らかい鉄(軟鉄)が使われているからです。
仮に和釘を硬い材料(鋼鉄・ハガネ)で造って打込んだ場合、硬い節をも割ってしまい材木が使い物にならなくなってしまいます。

純度の高い鉄で造られた和釘は錆びないと言われますが、決して錆びない訳ではありません。
打込まれた後、材木の湿気により表面には錆びが生じます。
これにより、材木に対し、喰いつきが良くなります。
ただ、加熱・鍛練していない洋釘とは異なり、錆びが和釘の中心部まで及ぶことはありません。

上の右写真の真ん中の和釘は、釘抜きで抜こうとした時に出来た傷があります。
表面の錆びが落ちたその下は、350年前の物とは思えない程、錆びることなくピカピカな状態に保たれています。
曲がって刺さっている和釘は釘抜きでは抜く事が出来ず、材木を割って取り出したとの事でした。
「和釘」ってすごい!!んです。